事業内容

DLSのシステムソリューション事業は、「第一生命向けのシステムソリューション事業」と「第一生命グループ外向けのシステムソリューション事業」の2つの事業に分けられます。それぞれの事業では具体的にどのような仕事をしているのでしょうか。私たちが社会にどのような価値を生みだしているのか。私たちの仕事の領域についてご紹介します。

第一生命向け システムソリューション事業

第一生命の生命保険ビジネスは、保険の営業活動から新契約の締結、お預かりした資産の運用、保険金・給付金のお支払いなど多岐にわたります。それを支える大規模システムを開発、運用しているのがDLSです。

保険システム第一生命の生命保険ビジネスを最先端のIT技術で支える。

保険システムは、お客さまに加入いただく新契約から保障期間終了まで、各種の保険事務や料率計算といった処理を行う、生命保険ビジネスの中核をなす基幹システムです。保険商品のシステム開発には高度な保険数理や商品知識が必要不可欠であり、複雑で巨大な保険システムを、高い専門性を発揮して安定的に運用しています。

営業支援システム生命保険ビジネスの総合マーケティング戦略を支える。

第一生命の生涯設計デザイナーや営業オフィス、店舗窓口、スタッフなどの営業活動をサポートする各種システムを開発・運用しています。約5万台のタブレット型パソコン「DL Pad(新・生涯設計 eNavitシステム)」を全国で稼働させ、コンサルティング業務に加えて、顧客情報管理やマーケティング業務の効率化を支援することにより、お客さま満足度と業務品質の向上をサポートしています。

資産運用・会計システム確実で安定した資産運用と会計処理を可能にする。

第一生命の資産運用を支える資産運用システム、そして総務系のシステムを支える会計システムを開発・運用しています。生命保険ビジネスにおける資産運用活動への安定したサービスの提供、会計支援による事務の最適化に貢献しています。

基盤システムシステムの稼働を確かなものにする。

生命保険業のシステムインフラ面での特徴は、保有するデータ量が極めて多いこと、営業拠点数・生涯設計デザイナー数が多いことが挙げられます。当社では巨大ネットワークの開発・保守・運用を担っており、お客さまの重要な個人データを蓄積・管理していることから、万全のセキュリティが求められ、最先端かつ高度なセキュリティ技術で、高い信頼性を保ちながら対応しています。加えて仮想化技術を活用する事で物理サーバの数を大幅に削減し、使用電力や運用コストを削減するなど基盤システム全般を支えています。

第一生命グループ外向け システムソリューション事業(外販)

第一生命グループをシステム面から支えてきたことで培った知識・技術・経験をもとに、さまざまなお客さまに対してシステムソリューションを提供しています。生命保険、損害保険、信託などの各種金融系のシステム開発を中心に実績を残し、着実に評価を高めています。今後はより多くの企業を支え、保険・金融業界のみならずさまざまな分野で新たな価値を創造するソリューションカンパニーになることを目指していきます。

ページトップへ