DLSを知る3つのキーワード

進化を続けるDLS、その理由を紐解く

今後の生命保険事業を取り巻く外部環境は大きく変化し、テクノロジーは急速に進展していきます。
第一生命グループ唯一のIT企業として、
新たな価値創造・顧客体験による市場創造・需要開拓や生産性向上等の取り組みをサポートするDLSについて、
その特徴と強みをキーワードを通して紹介します。

ITとビジネスをつなぐ

01ITとビジネスをつなぐ1000万人の安心を預かる技術力

DLSは、第一生命グループ唯一のIT企業としてシステム開発を長年担ってきました。第一生命グループの多様な業務を深く理解し、数多くのシステム開発・運用経験を積むことで、現行業務を分析し、真の課題を見つけ出し、ビジネスプロセスに踏み込んだ最適なシステム対応を企画・実現する、といった強みを身につけてきました。

急速に進展するITの進化に適応するために、新しい技術を習得することはもちろん大切です。さらに、お客さまの業務を一層深く理解し、その技術によってビジネスプロセスを変革できるのか、企業競争力を高めることができるのかを常に考え、提案し、実行していくことが最重要です。すべてのお客さまの一生涯のパートナーになるためにビジネスとITをつないでいきます。

保険×テクノロジー

02保険×テクノロジーInsTechが創り出す未来

新たなテクノロジーを用いて、保険ビジネス(Insurance)に独自のイノベーションを生み出す取り組み、それが“InsTech”。医療の高度化による平均寿命の延長や国内の生産年齢人口の減少など、生命保険ビジネスを取り巻く環境は激変していくことが予想されます。

第一生命グループでは、健康年齢を利用した保険やビッグデータを活用した新たなマーケティング手法の開発に取り組んでいます。我々はこれからの変化を楽しみ、そして、新しいものをつくっていきます。

社員の「挑戦」を支える

03社員の「挑戦」を支えるプロフェッショナルを育てる攻めと守り

DLSには多種多様な仕事がありますが、それを作り上げているのは、やはり「人」です。そのため、資格取得奨励金制度、論文執筆制度、海外研修、社内・社外へのトレーニー制度、自ら手を上げて異動を実現できるキャリアチャレンジ制度等、社員の「挑戦」を支える制度を充実させています。

そして、社員一人ひとりがお互いを尊重し、自由に意見を言い合いながらもお互いを支え合えるような社風を大切にしています。

ページトップへ